2010年09月01日

今日から学校

長い夏休みがやっと終わって、今日から学校です。

RINは約束どおり10日とはいきませんでしたが、先月12日には宿題が終わって、
予定どおりご褒美をもらって、夏休み後半はゆっくりまったり過ごしました。
やっぱり締め切りを早めに設定しておくのは効果ありです。
宿題追い込みがない8月末は入学以来初めてでした手(チョキ)

JUNは夏休み後半から「7月24日に戻りたい〜〜もうやだ〜(悲しい顔)」が口癖になり、
しばらく不安定になって暴れるなどもありました。夏休み中はプールにもほとんど行かずのんびりしていたので、学校行くことを考えたら嫌になる気持ちもわかりますが、エネルギーがありあまっているのと、思春期のホルモンバランスのせいもあるかと思います。とにかくいつもの夏休みとは若干様子が違っていました。

エネルギーがありあまっているので、夜はなかなか眠れず、昼ごろまで寝るという、昼夜が逆転しかけていたので、30・31日と海に連れて行って、泳がせてみるという作戦を決行。夏休み終了まぎわになってドタバタでしたが、何とか効を奏して夜は11時には眠れるようになりました。

それと、夏休みに入ってからこっち学校の耐震工事が始まり、いつ工事が終わるのか気になったり、秋の遠足にどこに行くのか気にしていたので、学校の先生に聞いてみなくちゃ、と思っていたところ、30日に先生から電話があり、工事の様子を見せてくれて説明してくれるとのこと。31日に学校の中の工事の状況を確かめさせてもらいに行きました。

工事はもう卒業まで終わらないようでしたが、一応中身がどうなっているのか、何の工事をしているのかを確かめて、少し安心した様子。
それだけでなく、学校に入ったことで、新学期への気持ちの切り替えができたようで、その後「7月24日に戻って〜〜」がなくなり、今日の朝もしっかり6時半に起きて、学校に行きました。

これから中学の就学に向けても、体験入学とか就学相談とかいろいろあるので、2学期のJUNは何かと忙しくなりそうです。





posted by ruby at 09:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月03日

施設長の研修

昨年度は相談支援従事者の初任者研修やサービス管理責任者研修を受講し、
また法人、事業所の事業計画や資金計画を立てる研修などを受けました。

今年度は、施設長研修を受講しています。
もうすぐ立て続けにレポートや課題の締め切りがあるので、
勉強中。

5月末の税務署、法務局への申請、6月末の
NPO法人所轄課への報告、7月の労働保険年度更新、8月は
親の会のキャンプ・・・福祉職員の処遇改善事業のキャリアパス要件の
提出の締め切りも近づいていますし
忙しい日々が続いています。


施設長研修では、組織運営や人材育成や危機管理など、施設の運営に
必要なマネジメントの勉強をさせていただいています。

人に使われたことはあるけれど、人を動かす仕事は初めてなので、
大変勉強になります。


その中でも、人事考課というのは、
職員さんの能力や適性・将来の希望と、法人・事業所の理念とを
照らし合わせて、その人の能力を伸ばして行く作業だと、
研修で教わりました。

そう考えて、人事考課を行ってみると・・・
障害のある人の就労支援で、利用者さんのアセスメントをすることと
大変似ているなあ、と感じています。

人事考課は正に職員さんのアセスメントですね。

キャリアパス要件でもある人事考課を行うことの意味を、
改めて考え、組織の理念の再構築もしています。
そうすると人事考課の項目や内容も少し変えなくてはいけないだろうと
思っています。

研修の課題の設定はよくできていて、まじめに課題を行おうとすると、
自然に施設の業務改善を行えるようになっています。

今まで自分がお勤めをしていた時には、あまり意識していなかった
のですが、こういう勉強をして改めて振り返ると、
きちんと人材育成をしている
組織というのはどのくらいあるのだろうと思ってしまいます。


研修の中でドラッカーの『マネジメント』を勧められて読みました。


経営のバイブルということで、大変なロングセラーの本だということ
ですが、読んでみると、大事な言葉がたくさんありました。
そのひとつひとつは、みんな当たり前のことばかりなのですが、
実際に実践しているかと振り返ると、できていない。

これからは悩んだ時には、この本に立ち帰ろうと思います。

人材育成について大事な言葉はこれ。
『人のマネジメントとは、人の強みを発揮させることである。
人は弱い。悲しいほどに弱い。問題を起こす。
手続きや雑事を必要とする。人とは、費用であり、驚異である。
しかし人は、これらのことのゆえに雇われるのではない。
人が雇われるのは、強みのゆえであり能力のゆえである。
組織の目的は、人の強みを生産に結びつけ、
人の弱みを中和することにある。』

うーん・・・深いです。

ついつい弱い方に目を向けてしまい、それを克服しなきゃ、
と思ってしまうのが、世の常。

でもそうじゃあないんですね。

障害がある人のケアマネジメントを行う時も
ストレングス(強み)に目を向けよう、と言われます。

やっぱり一緒じゃん・・・

マネジメント - 基本と原則  [エッセンシャル版]

マネジメント - 基本と原則 [エッセンシャル版]

  • 作者: P・F. ドラッカー
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド社
  • 発売日: 2001/12/14
  • メディア: 単行本



posted by ruby at 19:56| Comment(0) | TrackBack(0) | ははのライフワーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

夏休みは長い・・

長い長い夏休み。
JUNは一日中扇風機の前に陣取って、強風を浴びていたので、
ついに夏バテになってしまいました。
あれほど食べるのが好きなJUNが、大好きな麺類も残す始末。

これで少しはやせてくれればいいのですが。

毎年夏休みの宿題を最後の1週間で終わらせるRINには、
今年の夏休み、8/10までに宿題を終わらせたら
ご褒美をあげるということにしています。

追い込まれないとエンジンがかからないRINには、
締め切りを早めることで、早めにエンジンをかけてもらおうということで
考えた苦肉の策でしたが、今のところ効を奏しているようで、
習字、絵、ドリル、工作、と次々宿題が仕上がっています。

posted by ruby at 19:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月12日

とうとう学年閉鎖に

インフルエンザの猛威で、JUNの学年はとうとう学年閉鎖になってしまいました。

一応今日はおとなしく家にいましたよ。

昨日までなんだかまだ暑いなあという感じでしたが、
今日はものすごい風が吹いて、急に寒くなりました。

子ども達がインフルエンザにかからなきゃよいのですが・・
posted by ruby at 16:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月05日

ドリームナイト・・そして運動会

10月3日の夜はドリームナイト。4日は朝から運動会。
けっこうハードスケジュールでしたが、楽しみながらクリアしました。

前後はお天気が悪かったのに、真ん中の二日だけ嘘のような晴れ模様。この運のよさは何だろう・・・

ドリームナイトは涼しくて、動物も元気でJUNも大喜びでした。
「ビーバーがラッコになっちゅう。かわいいねえ〜」(~_~;)
(水に浮かんでいたので)

「キリンが走りゆう!」

「カンガルーが飛びゆう!!すごいねえ!!」

(よく知っている人が聞くとパターンで覚えたセリフのように聞こえますが、最近はこんな風に共感を求める言葉を使うことが増えてきました。パターンで覚えたやりとりとは言え、かなりバリエーションが豊かになってきて、徐々に感情がこもった言い方になってきているのはやはり嬉しいです。)

昼間はほとんど寝ているビーバーが実際に動くのを見るのはほぼ初めてで特に印象が強かったようです。


4日の運動会はJUN達5年生は準備係。係の会もしっかり参加して、お仕事もしていました。

5年生の競技は竹馬があり、保育園の年長の時には全く乗れなかった竹馬の競技がはたしてできるのかとかなり心配していました。案の定8月夏休みは全く気が乗らず、竹馬にも乗ろうとせず、9月学校が始まってから体育の授業で本格的に練習となりました。
9月中ごろ2〜3歩乗れたのをきっかけに、人が変わったよう練習しはじめ、あれよあれよという間にマスターし、本番はゆっくりだけど一回も落ちずに一周してしまいました。
親もびっくりです。

5年生の騎馬戦は、上に乗るのも、下を支えるのも、場の状況が読めないので無理だろうということで、先生に出なくてもいいです、と言っておいたのですが、気を使っていただいたのか一応参加させていただいてて、なぜか一人余分に、後ろで背中を支える人になっていました。
しかし、あまり支え手としては必要がない要因なので、手持ち無沙汰なのか、上に乗っている子の背中やお尻をサワサワ触るので、上の子がこそばくって、時々「やめて」と言っているのが見えました。
上に乗ってたKくん、ごめんね〜〜(^_^;)

RINは9月最初、ずうっと風邪をひいて休んでいて、先生にも運動会の練習についていけるかと心配されていましたが、何なく追いついて、こなしていたようです。
高学年の綱引きの時は放送係を代わりに3年生がやることになっていたようで、RINはジャンケンで勝って放送係をゲットしたとのことで、はりきってアナウンスしていました。

しかし、運動会を見ていると、最近の子どもって細いねえ〜と感心。
JUNは年長まで、RINは年中くらいまで、保育園の時は細めだったのに・・
今は面影もありません(-_-;)
うちの子達は二人とも、段々同じ体型になってきたわ。
ローレル指数高め。もうちょっと痩せなきゃね。

posted by ruby at 20:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月13日

支援のポイント

忙しさにかまけて、半年以上もブログを放置していました。時々のぞいてくださっている方もいらっしゃるのに、すみませんでした。
かなり反省・・・

さて、作業所のほかに、今年度の4月から日中一時預りも始めて、忙しい毎日です。なんだか親の会から段々と企業のようになってきています。まあ、法人化したんだから、ベンチャー企業と同じなんですけどね。

しかし、最近事業にばかり偏りすぎていたので、少し本来親の会の役目である、啓発や相談にも力を入れようと準備中です。相談はすでに県内移動座談会という形でお母さんたちのネットワークを広げていっています。

啓発については、基本の特性についての冊子は発行しているのですが、会員のみなさんから、学校の先生や施設の職員さんに簡単に読んでもらえる『支援のポイント』について書いた小冊子が欲しいという声をいただいています。

で、今構成を練っているところです。

お母さん達から聞き取り調査をして、今何が現場でできていないのか、何がわかっていない支援者の人が多いのか、探ってみましたが、結局のところ、自閉症の特性が丸っきり理解されていないのだな、ということがよくわかりました。

なので、支援のポイントは全て書かなきゃと思っています。

支援のポイントといっても、子どもさん一人一人特性が異なるので、支援の仕方も一人一人違うんじゃないの?・・・
それは当然そうです。だから個別の支援計画とかある訳で。

でも自閉症の特性上、これだけはしっかり押さえた方がいい部分があり、これは共通しています。お母さん達からの聞き取りからも浮かびあがってきた、これだけは押さえて欲しいポイントとは・・

それは以下の5点です。
1・活動の見通しをたてる〜スケジュールについて〜時間・順番・場所・変更について
2・静かな環境〜声かけを少なく・聴覚過敏について
3・無理強いをしない〜発達に会った活動内容・好きな活動をご褒美的に利用など
4・伝え方〜肯定的・視覚的・具体的な伝え方
5・パニックについて〜事前に防ぐ・起こった時の対処法

他にもそれぞれの子どもさんによって必要なことというのは色々ありましたが、やはりこの5点は皆さん共通でしたね。

これらのことは親の会に所属している自閉症児の保護者にとっては、当たり前の事となりつつありますが、学校や施設などでは意外とできていないことが、今回の聞き取り調査で浮き彫りになりました。







posted by ruby at 09:16| Comment(2) | TrackBack(0) | 地域生活支援 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月25日

インフルエンザ

久々に感染しました。
RINが先週水曜日の夜から高熱を出し、木曜日からタミフルを飲んでいたのですが、そこから感染したのか、ははも金曜夕方から熱が出てダウン。
やっと今日起き上がれるようになったところです。
う〜ん・・この年での39度発熱はキツイわ〜〜(┐・・┌)ゲソ〜〜

ちちは熱は出ませんでしたが、なんだか仕事の疲れからか、肩こりそのほかで週末寝てましたが、JUN一人元気です。

なんで一人だけこんなに元気いっぱいなんだ(-。−;)

そういえば、ここ何年間か、病院に行っていない気が・・
posted by ruby at 15:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月18日

新年一発目の・・大忙し

昨日の午前中今年第1回目の勉強会を開催しました。
年末年始挟んでたんで、広報が行き届かず、講師の先生に申し訳ないな〜と思っていたところ、駆け込みでの参加があり、あれよあれよという間に椅子が足りない、机が足りない・・と慌てふためく状態に。
ありがたいことです。次回はもっとちゃんと段取りします(反省・・・)

午後からは、別の会合が入っていたので高速道路に乗り車飛ばして四国のど真ん中まで行ってきました。
道凍ってるかなあと不安でしたが、高速は雪もほとんど残らず、凍結もなし。快適にドライブできました。しかし、会合が終わり帰ってきたら、6時半(汗)。
1日に二つの会を入れるとさすがに疲れるし、休日なのに朝から晩まで子供お父さんに預けっぱなしだし^^;・・・
今度から休日のダブルブッキングは止めなきゃあ・・


posted by ruby at 17:37| Comment(0) | TrackBack(0) | ははのライフワーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月23日

ドリームナイト申し込みました

ZOOスタッフさんからご丁寧にコメントいただいきました、ドリームナイトですが、申し込みいたしました。コメントいただいてありがとうございました。

今年度もJUN本人がとても楽しみにしています。
昨年の動物の着ぐるみの印象がとても強かったらしく、「夜の動物園ぬいぐるみは?」と連発しています。
また、散々ちょっかい出しに行くかもしれません。すみません(先に謝ってしまおう・・)
posted by ruby at 11:28| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月23日

進級

新学期です。
JUNは4年生、RINは2年生になりました。
早いものです。

私の方は年度代わりで、年度末には新年度の助成金を申請して予算作ったり、法人立ち上げ後初めての決算報告・事業報告作りをしたり、税務署の申告書類を作ったり、これまでボランティア活動だった人を新たに正式に雇用にして社会保険の手続きしたり、目が回りそうな忙しさです。もうすでに新年度の新規事業の打ち合わせもバンバン入ってくるし・・・
これで自分は給料もらってないんだから、みんなから「ちょっとは給料もらえ」とどやされています。でも予算ないんだからもらえないよ〜(T_T)

任意団体だったころは夏のキャンプが終わったら、秋のキャンプまで少し一息ついたり、年度代わりの報告作業もみなで手分けをしたらそれほど忙しく感じなかったくらいでしたが、今年度からかなり事業の数を増やしたので、ずうっと忙しいのが続いていく感じです。

まあ、自分で新事業をあれもやりたい、これもやりたいと、どんどん提案しては理事会の承認をとりつけているので、自分で自分を忙しくしているのですが(汗)

さて、そんな中、JUNはまたまた担任の先生が変わりましたので、
今回も引き継ぎに連絡ノートびっしり書いています。
個別の支援計画を作ったとはいえ、担任同士の間では、やっぱり細かなところは伝わっていません。

まずは、支援の基本をおさえてもらうために、視覚支援や構造化の必要性のご説明や、JUNのモチベーションを上げるために選択肢を必ず示すことや、感覚過敏などのことについてを1日目のノートに3ページほど使って書きました。このあたりは毎年書くことです。

で、その次の日くらいから、1年〜3年までで伸びてきたこと、変化してきたこと、これからどういうことを目標に支援をしていってほしいか、今後関係機関とどう連携していってほしいのか、などを、先生からのお返事に対応する形で、JUNの具体的な行動などと絡めてお願いしていっています。

大体1〜2週間くらいこんなやりとりをしていると、新しい担任の先生でも、JUNのパターンがわかってくるので、ちょうどそのころに家庭訪問がありますから、その時もっと詳しく今年度の方針について詰めていきます。

毎年毎年担任が変わると毎年毎年こんな引継ぎをしていかなくてはなりません。
(本当は進級時のサポートブックを作りたいのですが、年度末は何かと忙しく、私が手をつけられないので、毎年泥縄です(ーー;)

毎年担任が変わると、JUNも新しい先生の行動パターンや話の仕方に慣れるのが大変で、毎年春は疲れるし、夏休みくらいまでは先生とJUNの双方がお互いに様子を見て終わるので本格的な支援に取組みはじめるのが2学期からになり、しかも2学期は運動会があるしで、その間発達が停滞して、6年間学校へ行っても、実際の中身は3年間分くらいの働きかけしかできないから、
「毎年担任を変えないでください」と前にも校長先生にお願いしたし、検討委員会でも"審議のまとめ"に担任を継続的にするシステムに変える方向性を盛り込んでいただいたのですが、中々すぐにはまっとうな形には変わりませんね。


一方RINの方は、こっちも新しい先生でクラス変えもあり、前年度仲がよかった友達と離れてしまった、と少しの間嘆いていましたが、新しいクラスには保育園の時とても仲がよかった友達とまた一緒になったので、それはそれでよかったみたいで、立ち直りも早かったです。

家庭訪問の時も見ていると先生とも楽しく話をしていたし、大丈夫でしょうわーい(嬉しい顔)








posted by ruby at 09:51| Comment(1) | TrackBack(0) | 特別支援教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。